受診のご案内

トップページ > 受診のご案内 > 診療科のご案内 > リハビリテーション科

関連施設のご案内

  • 介護老人保健施設
  • 孝心の里
  • 在宅介護支援センター
  • グループホーム
  • 就労支援センター
  • 就労継続支援A型事業所『サンフレンド』

診療科のご案内

リハビリテーション科

特色

 

当院では、脳血管障害(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血・廃用症候群など)や運動器疾患(骨折・変形性疾患など)に対し、各専門職種(医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・医療福祉相談員など)がチームとなり、『患者さんのために』という理念のもと、個々の状態に応じたリハビリテーションプログラムを提供し、回復期から維持期、在宅における心身機能向上へのサポートを行っています。

施設基準
   脳血管疾患等リハビリテーション科(T)
   運動器リハビリテーション科(T)



リハビリテーションスタッフ
【入院・外来】  
理学療法士 : 13名 (2名は訪問リハビリ兼務)
作業療法士 : 4名  
言語聴覚士 : 2名  
【訪問リハビリテーション】    
 理学療法士 : 2名  
【通所リハビリテーション】    
理学療法士 : 1名  
作業療法士 : 1名  
看護師
介護職
在宅復帰支援への取り組み
  1. 多職種での合同カンファレンス、リハビリテーション科独自の会議、サービス担当者会議などを定期的に行い、方向性の検討に努めています。
  2. 早期より退院前訪問指導を実施し、ご自宅の生活環境を把握し、退院先の環境に即したリハビリテーションを提供しています。
  3. 入院から在宅への移行をスムーズに行って頂くため、訪問および通所でのリハビリを提供できるスタッフを配置しています。
理学療法

寝返り・起き上がり・立ち上がりなどの基本動作の改善、バランス・歩行・応用動作の改善など、日常生活活動改善へのアプローチを行います。

作業療法

上肢および手指巧緻機能・身辺動作・家事動作・高次脳機能の改善や余暇活動など、日常生活活動および生活関連動作全般へのアプローチを行います。

言語聴覚療法

失語症・構音障害などの言語障害に対し、言語機能回復訓練や実用的コミュニケーション能力の拡大訓練などのアプローチを行います。また、摂食嚥下(食べたり飲み込んだり)に関する評価や訓練、指導・相談なども行っています。

地域連携診療計画(地域連携パス)

大腿骨頚部骨折および脳卒中において、下記の急性期病院(計画管理病院)と連携し、計画協力病院として積極的にリハビリテーションを提供しています。
(大腿骨頚部骨折)嬉野医療センター、副島整形外科病院
(脳卒中)嬉野医療センター、長崎医療センター

介護保険のリハビリテーション


通所リハビリテーション

ご自宅までの送迎を行い、自立した生活を営む事ができるように、リハビリテーション・健康管理・口腔管理・入浴・食事などのサービスを提供します。

訪問リハビリテーション

ご自宅へ訪問し、身体機能の評価・把握を行い、能力に応じたリハビリテーションの提供や福祉用具に関する助言、ご家族に対する介護指導・助言、住宅環境への助言・整備など、退院後の生活を円滑に送って頂くためのアプローチを行います。

相談先

入院 ・ 外来 :0954−43−0255(地域連携室)
訪問リハビリ:0954−43−0226(訪問リハ事業所)
通所リハビリ:0954−43−0233(老人デイケア)