入院のご案内

トップページ >入院のご案内>各病棟の機能

関連施設のご案内

  • 介護老人保健施設
  • 孝心の里
  • 在宅介護支援センター
  • グループホーム
  • 就労支援センター
  • 就労継続支援A型事業所『サンフレンド』

各病棟の機能

嬉野温泉病院の各病棟の機能について紹介いたします。


西5病棟(精神科急性期治療病棟)

西5病棟(精神科急性期治療病棟)写真
西5病棟は佐賀県西部地区で初めての、精神科急性期治療病棟です。全室個室で、閉鎖病棟ゾーンと開放病棟ゾーンに分かれており、病状に応じて環境調整を行います。
3か月以内に自宅に退院することを目標とした病棟で、薬物療法は単剤治療を原則とし、早期から作業療法や芸術療法、認知行動療法の他、各種の自己管理プログラムなどを導入して、多職種が協働したチーム医療を行います。

西3病棟(精神科一般病棟)

西5病棟(精神科急性期治療病棟)写真
西3病棟は病状が不安定で中長期にわたり環境調整が必要な方や、精神疾患や認知症を患う方の身体合併症を治療する病棟です。ほとんどの病室が個室となっており、落ち着いた環境で個別的な治療・ケアを提供します。

西1病棟・西2病棟(精神療養病棟)

西1病棟・西2病棟(精神療養病棟)写真
西1病棟は開放、西2病棟は閉鎖病棟となっています。
うつ病、統合失調症の方を中心に、3ヶ月を超えて入院治療が必要な方を主な治療対象としています。
長期入院を防ぎ早期の地域移行を支援するため、作業療法、芸術療法のほか、服薬自己管理、金銭自己管理などの社会復帰プログラムを準備しています。

中央1病棟(精神療養病棟)

中央1病棟(精神療養病棟)写真
精神疾患に加え、身体的なハンディキャップや合併症をお持ちで、日常生活に援助を必要とする方を主な治療対象としています。
日常生活訓練や芸術療法を通して社会復帰を目指しますが、ご要望によって施設入所を検討することもあります。

中央2病棟(精神一般病棟・身体合併症対応)

中央2病棟・中央3病棟(精神一般病棟・身体合併症対応)写真
精神疾患、認知症疾患をお持ちで、身体合併症により内科的治療が優先される方を治療対象としています。
中央2病棟は全室個室で、よりプライバシーに配慮した治療空間を提供しています。

南西1病棟、南西2病棟(認知症治療病棟)

南西1病棟、南西2病棟(認知症疾患治療病棟)写真
認知症疾患の方の急性期治療が主な役割です。
入院早期から認知機能障害の進行を予防し、周辺症状の改善を目指した様々なプログラムを準備しています。
ご家族とも密に連携し社会復帰(自宅復帰)を目標としています。

南1病棟、南2病棟、南3病棟(認知症治療病棟)

南1病棟、南2病棟、南3病棟(認知症疾患治療病棟)写真
認知症疾患の方で、急性期以降の継続治療を行います。
認知機能障害の進行を予防し、周辺症状の改善を目指した様々なプログラムを準備しています。
ご家族とも密に連携し、社会復帰(自宅復帰)あるいは適切な施設入所を目指した治療を行います。

東1病棟(一般病棟)

東1病棟(一般病棟)写真
内科・リハビリテーション科・泌尿器科・人工透析を中心とした急性期治療を行う病棟です。
患者さんの個性や人権を尊重し疾病の早期回復と在宅介護に向け愛情のある個別ケアを提供しています。
また、退院後の患者さんのより良い生活の場を提供できるように、早期より多職種と連携を図りながら、退院支援に努めています。

東2病棟・東3病棟(療養病棟)

東2病棟・東3病棟写真
内科的疾患による急性期を脱した中・長期の患者さんの療養病棟です。
慢性疾患や難病の治療、安定期のリハビリテーションなど患者さんのニーズに合わせて多職種が協力し、快適な療養生活が送れるよう配慮しております。
東2・3病棟は医療型の療養病床群です。