一般事業主計画

トップページ > 一般事業主計画

関連施設のご案内

  • 介護老人保健施設
  • 孝心の里
  • 在宅介護支援センター
  • グループホーム
  • 就労支援センター
  • 就労継続支援A型事業所『サンフレンド』

次世代育成支援対策推進法に基づく医療法人財団友朋会における
一般事業主行動計画

友朋会では子育てを行う職員の仕事と家庭の両立を支援するための環境整備や、働き方の見直しを行うため行動計画を策定いたしました。

1.計画期間
  (1)平成23年4月1日から平成27年3月31日までの4年間
  (2)計画期間中において就業規則、労務関係規程の改定や、職員からの要望
    等に応じ見直し、変更できるものとする。

2.内  容
  目標1 計画期間内に、育児休業の取得について次の水準を目指す。
   男性職員―男性育児休業取得者1名以上を目指す
   女性職員―育児休業取得率90%以上を目指す。
  <対 策>
   平成23年度〜育児休業制度内容の周知をはかるために院内誌、広報誌に
   掲載する。
   また、妊娠、出産、休業、復帰までのフォーマット・パンフレットを作成し、 周
   知をはかる。
   平成23年10月
          育児休業が取得しやすい環境づくりのため、管理職者・対象者へ
          の子育て支援研修会を実施する。
   平成24年度〜男性の短期育児休業取得促進を目指す。
          
  目標2 年次有休休暇の取得日数を、労働者一人当たり50%以上を目指す
  <対 策>
   平成23年度〜各部門において年次有休休暇取得月間を設定
          リフレッシュ休暇としての年次有休休暇の取得を推奨する。

  目標3 子どもをもつ職員がより働きやすい環境、安心して働ける職場づくりを
       目指す。
   <対 策>
    平成23年4月〜育児に関する悩み相談窓口の設置
    平成23年4月〜子育て期や職場での不安やストレスに対するために、外部
            専門家による子育て支援体制の充実、また精神科医による
            メンタルヘルスについての講習会を実施する。

  目標4 若年者に対するインターシップ等の職業体験機会の提供
       小・中・高校生によるふれあい看護、職場体験、ボランティア等の
       積極的受入れ。